EXECUTIVE MESSAGE

上司メッセージ

取締役 兼 システムサービス事業部
事業部長

お客さまに寄り添い、IT技術力とノウハウを駆使して社会への貢献を!
自社サービスを広げて事業の多角化へ!

私はかつて、当社にとって主要な取引先の内の1社に勤めていました。
そしてその会社において、カチシステムと数十年に渡りパートナーシップを結んできました。
その経験から、当社の良さを顧客の立場による第三者的な視線で語る事ができると考えています。
当社は1979年創業で、IT業界では比較的老舗に位置付けられる会社です。
黎明期から、一貫して高い技術力と顧客の信頼に応える姿勢を持っていました。
私は前社での執務期間を通じてカチシステムから3つ程のプロジェクトで支援を受けました。
どれも、厳しい納品スケジュール、高いサービス品質を求められたプロジェクトであり、カチシステムには随分と無理なお願いをしてきたものです。
しかし、決してギブアップをせず、創意工夫と技術的探究、顧客と常に向き合う努力を貫き、社を挙げて取り組んで頂きました。
更に、顧客からの要求を淡々とこなすだけではなく、建設的な改善提案や技術的な改新案の提案なども受けてきました。
その為、カチシステムは顧客の要求事項へ果断に対応する上に、技術者集団としての付加価値を提供することが出来る、真のパートナー会社であると認めていました。

この様に、日々技術的研鑽を進めながらお客さまに寄り添ったサービスを提供し続ける事で、多くのお客さまからの信頼を得ながら企業としての成長を続けてきたのがカチシステムという会社です。
一方で現在当社は、技術者集団をお客さまに提供するビジネス形態のみならず、自社で独自のシステムを構築してお客さまにサービスや付加価値を提供する、いわゆる自社サービスビジネスにも力を入れています。
当社の持つ技術力を、「エンジニア自身の提供」と「付加価値サービスの提供」という2つの軸で社会に貢献して行きたいという事です。
この取り組みは、ビジネス形態の多角化により事業運営リスクを低減化する事、そして将来の更なる成長性の確保を狙った経営戦略です。これは、昨今のコロナ禍における労働集約型ビジネスからの脱却機運にもマッチしたものと言えます。

Q:当社が求める人材像は?

当社はIT企業ですから、ITを用いて社会に貢献したいという志を持ちながら、日々の技術力研鑽の努力を行うような人材を求めている事は言うまでもありません。 その上で当社では、特に「人間性」を重要視しています。
大きく以下の3つがポイントです。
「実直で素直な人」
「チームワーク力、とりわけコミュニケーション能力のある人」
「基本的なメンタル力と体力のある人」
この3つを備えている方であれば、たとえスタート地点で技術力に自信が無くても、当社では確実に伸びて行けますし、本人も末永く勤め続ける事ができる筈です。

Q:ズバリ、会社の魅力は?

社員あってのカチシステムです。
常に社員の事を想いながら、皆さんに「カチシステムの社員で良かった」と思われるように努めています。
また、当社に勤める事で社会の基盤を支える縁の下の力持ちの一員として世の中に貢献できる事も魅力です。
自分が汗をかいて仕事をしたことが、社会インフラの継続的運営と進歩に繋がり、人々の暮らしを豊かにしている、という自負心が持てることは、とても素晴らしい事だと思いませんか?

Q:最後にメッセージをどうぞ

IT企業=技術者が腕前を競い合う組織、と皆さん思われているも知れません。
勿論、間違ってはいません。技術力の無いIT企業は早晩淘汰されて行きます。
ですので、当社でも社員の技術力向上の為の施策や環境作りに力を入れています。
一方、我々が社会やお客さまから信頼されつつ成長を続けていく為の重要な要素にはもうひとつ、「人間力を結集したチームワーク力」にあります。
当社は単なる人材派遣会社ではありません。
お客さま先での業務であろうが、自社システムの業務であろうが、チーム編成を組み、お客さまと自社メンバーが一心同体となって仕事に取り組む事で、仲間意識と達成感を感じる機会を得る事が出来ます。
是非あなたも当社の一員となってこの達成感を共有できる仲間に加わって欲しいと思います。